読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

" 糸を切らすな "


ただそれだけを考えてきた。
デビューのときからずっと、ただそれだけを。

糸さえ切らさなければ、俺は誰にも負けない。
そう信じてきたし、実際に俺はこれまで、ただの一度も負けたことがなかった。


満員の後楽園ホール。8度目の日本王座防衛戦。
この糸の先には世界のリングが待っている。

そのハズだった。


四角いリングが歪んで視える……
「糸を切らすなッ!!集中しろッ!」
インターバル中、クソじじいが耳のそばでわめき散らすが、その声は微かにしか聴こえない。
おそらくさきほどのフックで鼓膜をやられたのだろう。
くそったれ。どうしてあんなチャチなカウンターをもらった? 何がいつもと違う?!


「糸を切らすなッ!!」なおもじじいが叫ぶ。
くそったれだ。このじいさんは俺のデビュー戦からずっとこうだ。


" 糸を切らすな "


俺は一体何度、この言葉を耳にしただろう?

相手コーナーを見つめる。

くそったれ。綺麗な顔してやがる。22歳のクソガキ。日本を背負うホープ。


「さっさと腫れ止め金具を当てろッ!!」
俺は怒鳴る。じじいがわめく。セコンドがすぐさま俺の右目に腫れ止め金具を当てる。
下手クソが。どうしてもっとうまくやれない?
「とにかく右目を使えるようにしてくれッ!!」
声を張り上げる。懇願する。目を。目を。目を。
右目さえ見えれば……


次のラウンドも酷いものだった。俺は終始打たれ続け、とうとうダウンを喫した。


ダウンは実に18試合ぶりだった。くそったれ。
天井の照明の眩しさを久しぶりに感じた。


ゆっくりと、膝を曲げる。オーケイ。脳には" きてない "。

カウント8まで時間をかけ、ゆっくり身を起こす。

じじいがアホみたいに口を広げている。
俺は片耳が完全に聴こえなくなっていることに気づく。


俺は、負ける。


俺にはそれが分かる。


俺は日本王座を失う。


明日から何をして暮らそうか?
ボクシング以外に俺に何があるだろう?


信じられないことに、俺の膝は恐怖で震えていた。
目の前のクソガキに負けることに対する恐怖ではない。
自分が何も持ち合わせてはいないことに対する恐怖だ。


試合が再開される。


『糸を切らすなッ!!!!!』


じじいの声が頭の中で爆発する。
何百、何千と耳にしたあの声が。


クソガキのジャブが頭をかすめる。


" 頭をかすめる? "


くそったれ。なんてことだ。
体は自然に反応していた。


ダッキング


何千、何万と繰り返してきたこの基本動作が、俺を助ける。


それでいいんだ。


意識の切れる、最後の一瞬まで。
ボクサーであり続けることができれば。


クソガキのがら空きのボディに、
俺は自分の人生を、叩き込んだ。


〜Fin〜