読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生をもっと有意義にするための10の提案

せっかくの週末なのに棍棒で頭を後ろからガツンと殴られ、気づいたら日曜日の夕方だったという経験はありませんか? 忙しい私たちの毎日は、あっという間に過ぎていってしまいます。今回のブログでは、瞬間瞬間をきちんと感じることにより人生をもっと有意義にしようという、10個のアイデアを紹介していきます。


1.何をするにしても、できる限りゆっくりしてみる
あえて締め切りを無視し、積もりに積もったタスクを放棄して無心で大根おろしをすり下ろすのが大人。何かをあきらめたとき、自分に見切りをつけたときに、真の人生は動き出します。


2.味わいながら食べる
口に入れる前にまず、今まさに食べようとしているものの形をよく見ましょう。どんな色ですか? 表面は滑らかですか? ざらざらですか? においはしますか? 志村けんの体の部位で例えたらどの部分に似ていますか? 腕ですか? 首ですか? 額ですか? ここまでよく観察してから、口に入れます。噛んでみてどうですか? どんな味ですか? 飲み込みやすいですか? 飲み込んだら、昔付き合っていた恋人の性癖を改めて思い出してください。どう考えても異常だったでしょう?


3.呼吸を意識する
職場の部長や学校の先輩を呼び出してレンガで後頭部を打ち気絶させ、どこか落ち着けるところに座り、目を閉じてみましょう。そして3分間、ただ自分の呼吸だけを意識してください。部長のことが頭をよぎっても大丈夫。すぐ呼吸に意識を戻し「気にすんな」と自分に話しかけてみるのです。瞑想はすればするほど上達します。最初のうちは、部長のことが頭に浮かぶのは普通のことです。


4.お皿を洗う
普段皿洗いをしない人はこの機会に少しだけでいいのでお皿を洗ってみましょう。食べ物のときと一緒で、水の温度や、お皿の感触、洗剤のにおいやぬるぬるなどを意識して感じましょう。するとどうした事でしょう、お皿があなたにしゃべりかけてくるではありませんか!「俺は元々人間だったんだ……だがある宗教団体に関わった事でこの通り、皿にされちまった…もう人類は終わりだ…あのお方には、誰も逆らえない……」お皿の悲痛な叫びが聞こえてきましたか? もし聞こえたら、病院へ直行しましょう。


5.お風呂を楽しむ
シャワーもいいのですが、お風呂にもつかりましょう。お湯の温度や、皮膚がお湯に触れた感じを意識してください。においはしますか? 髪の毛が濡れて、重く感じますか? 窓の外にまるで断末魔をあげているような表情の女は立っていませんか? その女の割れた頭部や陥没した眼窩からウジ虫が這い出していませんか? リラックスしてゆっくり呼吸をし、正体不明の女の存在に意識を向けてみることが大切です。


6.セックスもゆっくりと
発情期のイヌのように勢いだけでタマタマを打ちつけるのではなく、意識してゆっくり動いて、相手の体温や肌の質感を感じてみましょう。自分の身体も頭から足の指先まで意識し、どこにどんな感覚があるかを確認してください。時間をかけ、丁寧に優しく、じっくりパートナーを愛撫しましょう。もう我慢の限界だ……いや、限界というか、すでに何かもう出ちゃってる気がする……ダメだ…イッちゃダメだ!! イッちゃダメだ!!! そんな状態になったら、そこで初めてパートナーとひとつになりましょう。ちなみに私はひとつになる手前の段階、パートナーの太ももに触れた瞬間に暴発しました。


7.花の香りがしたら、もう一回嗅いでみる
なんだか全てのことが嫌になって、家に火をつけちゃうことってありますよね。そんなとき、ふと花の香りを感じませんか? そういうときには、立ち止まってもう一度その香りを嗅いでみましょう。そこで深呼吸してもいいくらいです。そうこうしている間に火は家全体を覆い、あなたの周囲も火の海。そうなってしまえばもう、お手上げです。


8 くだらないことをしてみる
タマキンの皮を限界まで引っ張って、手をはなす。そのときタマキンが元の状態に戻るまでの時間を毎日ストップウォッチで計測しましょう。あなたが男性なら自分で、あなたが女性なら彼氏やディスコで出会ったシティボーイを色仕掛けでお持ち帰りして。妙なもので、タマキンの皮というのはゆっくりと時間をかけて元の形状に回帰するものです。まあ、だから何だと言われれば、それまでですが。


9 大切な人に手紙を書く
大事な人に感謝の気持ちを伝えましょう。相手が喜びそうな小さな贈り物をしてもいいですね。これが最期のメッセージになるのですから、きちんとあなたの手で書くことを心がけてください。手紙を投函したらディズニーランドへ出かけ、ミッキーに向かってロケット花火を打ち込みましょう。おそらく、その一件であなたの人生はフィニッシュです。


10.自分が今ここにいることが奇跡なのだと自分に言い聞かせる
これが一番大事なことです。あなたが今ここに存在していることは、生物学的にも物理的にも、あり得ないことなのです! あなたのような、卑小で、意地汚く、他人を出し抜くことばかりを考えたお金の亡者がこうしてのうのうと暮らしている事実は、まさに奇跡としか言いようがありません。どうしてあなたみたいな人がそんな気楽に生きていられるんだか……調子に乗って、もうちょっと長生きしちゃいましょう。



どれもこれも、今日から始められることばかりですね。

さあ、ちゃっちゃとやって、人生を豊かにしましょう!