読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフハック/人類の叡智

書評*スベラウヌ・オットケ『ロスカスタニエ』

久しぶりに自宅が燃えているにも関わらずページを捲る手が止まらなくなる小説に出会い、家が全焼した。どこも混雑するゴールデンウィークにかつて自宅だった場所で読書に耽るのも良いかと思い、ドイツの作家スベラウヌ・オットケの『ロスカスタニエ』をご紹…

DVD詐欺で大昇天

自宅に身に覚えのないアダルトDVDが複数枚届き、50万円の請求書が同封されていた。 バカバカしい手口だなぁと苦笑いしつつも試しに見てみたらこれがとんでもなくツボを突いた傑作ばかりで、50万の価値があると判断した俺は前屈みになりながら昼間に振込を終…

『文字オナ』について

性欲の奴隷になった経験がある健全なBoys & Girlsなら誰しも、陰部に手をあてがうことなく自慰が出来たら最高だと考えたことがあると思う。 授業中や勤務中、友人との談笑や社運がかかる大事な商談の最中など、「これまでオナニーがしたくてしょうがなかった…

仕事の効率を2兆%上げる3つのテクニック!

世の中には仕事術に関する数多くのハウツー本が溢れていますが、私に言わせればそれらの本に書いてあることは100%、嘘・偽り・ニートの妄想の類です。一部統計によれば、そうしたハウツー本を読んだビジネスマンの約9割が、一ヶ月後には本の内容を忘れている…

人生をもっと有意義にするための10の提案

せっかくの週末なのに棍棒で頭を後ろからガツンと殴られ、気づいたら日曜日の夕方だったという経験はありませんか? 忙しい私たちの毎日は、あっという間に過ぎていってしまいます。今回のブログでは、瞬間瞬間をきちんと感じることにより人生をもっと有意義…

想像力の本当にしょぼい限界

目を瞑り、頭の中で縄跳びを飛んでいる人を想像してみてほしい。 しばらく縄跳びをさせた後、想像の中のその人が縄跳びを止めて静止する姿を思い描けるだろうか? 俺はこどもの頃からずっとそうなんだけど、これがどうしても頭の中で絵として思い浮かべるこ…

スマホのロック解除ナンバーを忘れないたった一つの方法!

スマホユーザーであれば必ず一度は直面する悩み、それが「ロック解除ナンバーを忘れてしまう」ことだろう。人間とは忘れていく生き物である……あなたは初めて付き合った恋人の前歯の本数を覚えているだろうか? おそらく、前歯があったかどうかも忘れてしまっ…

人生の指針

ボロッボロの蕎麦屋に貼ってあった、やる気の程度がまったく分からないコピー。店主がどのような想いでこのコピーを店頭に貼ったのかは知らないが、思わず襟を正してしまうような、素晴らしい心がけだと思う。 まあ、蕎麦はまったく食いたくならないが。

僕とカノジョの妄想電車

かつてこの星に、恋人との妄想だけが生き甲斐となった男がいた……朝、職場へ向かう電車の中でしている妄想をまとめてみました。 俺はもう、限界だ……http://matome.naver.jp/odai/2135900843702175701

ダンス・ダンス・ダンス

顔や体全体を使って喜びを表現できる人は素敵だ。僕はそういったことが不得手で、満面の笑みなるものをこしらえることもできなければウォーッ!!!!っと両手を挙げて喜ぶといったことも苦手である。なんたって僕のつくる笑顔はコブラに首をぎゅうっぎゅうに締…

今を生き抜く! 合コンに参加する最良の方法!

こんな私でも、合コンに狂っていた時代があった。 正確に言うと合コンをしたくてしたくて狂っていたわけだが、人間の知り合いがあまりにも少なく誰からも誘われないため、いつしか「これはもう自分が主催するしかあるまい…」と考えるようになった。今回はそ…

今、私が伝えたいこと

みなさんは「携帯電話」というアイテムをご存知だろうか? かなり流行っているようなので、すでにお持ちの方もいらっしゃることだろう。 ピンと来ない方はまず「まな板」を想像してみてほしい。あなたが今想像したそのまな板を、ノコギリで半分に割ってみよ…

映画の脚本の話

今年の春先から関わってきた映画の脚本の仕事がようやく終わり、関係者との打ち上げを兼ねた忘年会に出席してきた。 普段はシャーペンの芯関係のコラムで生計を立てている僕には珍しい仕事であり、昔から映画には何らかの形で関わってみたいと考えてもいたの…

インタビュー・ウィズ・アメリカ 後編

ーーーーさて、トッポコテトの街で出会ったペゾンガと共に、次に向かったのが…… 魔王研究のメッカである、水の都ヘテクテリネですね。 トッポコテトからはかなりの距離があるんですが、ペゾンガがどうしても行ってみたいってうるさくて。 ーーーーヘテクテリ…

インタビュー・ウィズ・アメリカ 前編

魔王アメリガーマゾの野望を打ち砕き、世界に平和をもたらした勇者アメリカ。 勇者家業の引退を宣言してからは靴べら職人として活動し、和歌山に工房をかまえる。異界のモンスターであるゾバナポンのうろこを使ってつくる彼の靴べらには、全国から注文がひっ…

最高のラブレターの書き方

親戚の高校生の男の子から、好きな子ができたのだけれどうまくコミュニケーションがとれなくて悩んでいるとの相談を受けた。 正直、好きな子だけじゃなく人類全般とうまくコミュニケーションがとれない私にそんなことを相談されても困るわけだが、とりあえず…

1Q84完全解体 〜これが本当の書評だ!!〜

発売されるや否や評論家の間で賛否両論を巻き起こした村上春樹の問題作、『1Q84』。 江戸時代にタイムスリップしたV6の話が途中から全く描かれなくなるのは何故なのか? 未来人類に誘拐されたはずの父から送られてきた電子メールに記された、「電子レンジは…